轍(わだち)の力

こんにちは。

轍(わだち)とは、車が通った後に残る車輪のあとです。

砂利道や草地の農道だと、轍を走ると滑らかに通過できますよね。雪道などは最たる例で、轍を外れるとタイヤが雪に邪魔されて挙動が不安定になります。

轍があると、とても便利で助かります。

誰かの通った道だから、地面は進みやすいし、ちょっと安心感もあったります。たまに、遊び心で、ちょっと轍を外れてみようかなと思うことがありますが、平時は、轍を辿れば間違いないと思えます。

轍に関連した例え話です。

人気漫画スラムダンクの流川楓が、豊玉戦で片目を負傷し、片目では距離感を掴めなくて苦労する場面があります。

フリースローで、見え辛い視覚に惑わされるくらいならと、目をつむって打ち、何と得点します。

「体が覚えている、何万本も打ってきたシュートだ」と、確かこんなことを言っていたように記憶しております。

繰り返された行動や体の感覚は、まるで轍のようですね。一つの動作の始まりから終わりまでを、心の中にくっきりと線を残しており、その歩きやすくなった線を進めば、自ずと行動もできるという感じかなと思いました。

ただ、必ずしも良い側面だけとは限りません。

出来上がった轍の線だけでない、より効率的で安全な車線が気づかないであるかもしれません。

上記も、一つの轍の例え話です。

「思い込み」や「先入観」によって、執着や不自由さをもたらす場合もあるかも知れません。

たまには、轍以外の線を通ってみようかなと試してみることで、実はもっと良い線に気づくかも知れません。

何を言いたいかというと、

自分の中に染みついた思考や行動は、意識せずとも自分を導いてくれる便利な側面があるけれども、その染みついたものが必ずしも最善とは限りません。

自分にとっての当たり前を、時には、あるいは、必要に応じて疑って、新しい轍を開拓しても良いのかなと思います。

きっと、それぞれの心の中にたくさんの轍があるのでしょうね。

投稿者プロフィール

中田 雅也
中田 雅也結い心理相談室
あなたのミカタ(味方となり、強みを再確認し、見方を再構成し、やり方を一緒に考える)となって、ソーシャルワーク&カウンセリングを駆使して、あなたの今ここからの歩みをお手伝いします。

轍(わだち)の力” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA