風に耐える苗

今日は季節外れの寒さと強い風の日でした。

ふと田んぼに目を向けると雨風に耐える苗が目に入りました。まだ田植えされて日が浅い若い苗が大丈夫だろうかと他人ながらに心配になりました。そうしたら低音や強風の時は水を多めにして水を張るんだよと教えてくれました。

風がない時の苗

なるほど、水田とは理にかなっているのだなと思いました。ただ風が収まるのを待つだけでなく、田の水を深くすることで身を守り凌ぐことができるように、人もまたこんなふうに日常生活の中で対処しているのだろうなと思いました。強い風にさらされても苗は必死に生きております。

投稿者プロフィール

中田 雅也
中田 雅也結い心理相談室
あなたのミカタ(味方となり、強みを再確認し、見方を再構成し、やり方を一緒に考える)となって、ソーシャルワーク&カウンセリングを駆使して、あなたの今ここからの歩みをお手伝いします。