弱い自分に合わせていく

こんにちは。
普段使いのミカタ・カウンセリング&支援者のミカタ・カウンセリングの中田雅也です。

予定とか、行動計画とか、そういうのを立てるのが僕は好きな方です。そして、詰め込みすぎて、失敗してしまう...のは、きっと僕だけではないはず。

予定や行動計画を立てたいと思う時は、やりたい意欲に駆られた時。だから、調子の悪い時のことなど考慮しない。

昔、朝方生活にこだわって、朝活の習慣を作ろうとしました。そこで、散歩が好きなので、朝、散歩をするようにしました。

確かに心地よく、体の準備運動にも良かったです。但し、弱点があって、睡眠不足の時に朝活(散歩)すると、不整脈気味になるのです。

これば僕の典型的な「心か身体か、あるいは両方に負荷がかかっている時のサイン」なのです。僕は睡眠時間は8時間近く必要な性質なので、朝活(散歩)するには早く寝られることが大前提でした。

しかし、そんなことを考慮に入れない計画は、早々に頓挫することになりました。

頑張りたい時の自分。それは心身共に調子が良いから、頑張りたくなる。

言い換えると、強い時の僕。

逆に、心身ともに低下した時の僕は、弱い時の僕。

強気でいられる時は、どうしても弱気の自分が見えなくなる。正確には、弱い時の自分を「それくらいやれるでしょ」と過大評価してしまう。

弱い自分を見捨てたり、見ないふりをしてしまうと、あとで大きな躓きがやってきてしまいます。弱い時の自分を考慮して、予定や計画を立てないと、不履行となって、段々と自分への信頼を失ってしまう。

だから、「必ずやる」から始めないで、少しずつ、少しずつ、「やれる日を増やす」くらいから、始めるのが無難です。

僕は、自分が弱いということに関しては、胸を張ってそうだと言えます。「どんな自信だよ」と自分で突っ込みたくなりますが、弱い自分でも達成できるところから始めるのが、やはり無難です。

そして、小さいハードルでも、到達できれば、それでも嬉しいと思えるはずです。

言葉よりも、こちらの動画を見ると、感覚的によく分かるのではないでしょうか。

弱い自分に合わせて、ちょっとずつ積み上げるのが、確実なのではないかな。そんな風に思います。

自分にとっての最小目標を知るには、弱い自分に教えてもらうしかありません。

上ばかり見るよりも、まずは足元を見る方が重要ではないでしょうか。

大丈夫。
ここから、始めていきましょう。

投稿者プロフィール

中田 雅也
中田 雅也結い心理相談室
あなたのミカタ(味方となり、強みを再確認し、見方を再構成し、やり方を一緒に考える)となって、ソーシャルワーク&カウンセリングを駆使して、あなたの今ここからの歩みをお手伝いします。