きらきらした目

こんにちは。
普段使いのミカタ・カウンセリング&支援者のミカタ・カウンセリングの中田雅也です。

昔、先輩ママから言われた事。

「男の子は電車が大好きになるよ」

僕個人はあまり関心がないため、そんな事ないでしょう、と高を括っておりました。

ところが、びっくり、四歳くらいから急に新幹線に大ハマり。

👇こちらのような投稿を見ると、当時を思い出して懐かしくなります。

100均で新幹線のDVDを買って来ては、釘付け。

出張で、駅で電車の模型を買ってくると釘付け。

踏切を通れば、電車に釘付け。

小さい頃の子供の動画を見ると、新幹線の模型で遊んでいる姿がたくさんあります。

やまびこMAX
はやて
のぞみ
つばさ
なすの
のぞみ

僕がかろうじて覚えているのはこのくらい。

子供は新幹線以外にも、いろんな車両の名前を覚えていた。

子供って、天才なんです。

当時は、その光景を何とも思わなかった。

しかし、今となっては、新幹線と電車を見る時は

いつも目がきらきらしていた。

楽しくて、楽しくて、仕方がない。

寝ないで、いつまでも、新幹線の模型で遊んでいる...。

いつの間にやら、その熱も冷めて別のことに興味を覚えていたけれど

君はあの時のことを覚えているかい。

大人になると、何故か子供の頃のわくわくを忘れてしまう。

僕もまた、子供の頃に、目をきらきらさせて遊んでいたはず。

大人になると、遊ぶよりも、やる事が多くてそれどころではなくなる。

いつの間にか、わくわくを忘れて、時には虚ろな目をしているかもしれない。

大人になっても、子供の頃と同じわくわくを必ずしも味わえるわけではない。

しかし、楽しいと思えた時の感覚は、忘れてはいけないと思う。

楽しいという感覚、自分の立ち返る基点。

何かあった時に、その時の感覚を思い出して、いつでも自由な心を堪能したいものだ。

そうすればきっと、目が輝いていると思う。

投稿者プロフィール

中田 雅也
中田 雅也結い心理相談室
あなたのミカタ(味方となり、強みを再確認し、見方を再構成し、やり方を一緒に考える)となって、ソーシャルワーク&カウンセリングを駆使して、あなたの今ここからの歩みをお手伝いします。