そっと、知らないでおく

こんにちは。
普段使いのミカタ・カウンセリング&支援者のミカタ・カウンセリングの中田雅也です。

知る権利もあれば、知らないでいる権利もあるそうです。

主に医療分野の倫理で題材になるようですね。

事実とは難しくて、受け止めるのが大変だったり、心が動揺したり。

最初から知らない方が良かったと思うことも無きにしもあらず。

例えば人間関係において。

夫婦でもスマホの中や日記の中までは見せません。

自分だけの空間だから、安心していろんな情報を詰め込んだり、書き出したりしている。

そう言えば、僕もかつては散々、自分の上司には辛口なことを言いました。

本人の前ではなく、居ない所で、です。

卑怯だとは思うのですが、口にするときは言わずにはいられない時。

僕が上司になった時

それを思い出して、少し心苦しくなりました。

しかし、順番が来たのです。

だから、飲み会があると

少し多めにお金を置いて席を離れるようになりました。

誰だって皆、胸の中に一物は秘めるものです。

内容にもよりますが

何でもかんでも知ろうとしなくて良いと思うことが、確かにあると思います。

そっと、知らないでおくのも大事なことではないのかな。

そんな風に思うのです。

投稿者プロフィール

中田 雅也
中田 雅也結い心理相談室
あなたのミカタ(味方となり、強みを再確認し、見方を再構成し、やり方を一緒に考える)となって、ソーシャルワーク&カウンセリングを駆使して、あなたの今ここからの歩みをお手伝いします。