春を愛でる

こんにちは。
普段使いのミカタ・カウンセリング&支援者のミカタ・カウンセリングの中田雅也です。

本日は、気温が15度まで上がりました。

やや控えめな日当たりの我がカウンセリング室の窓から、燦々と日が差す時は晴天の時。

おそるおそる窓を開け放つ。午前中は、まだまだ寒い。

15時、エアコンはもう不要かなと止め、窓を全開にする。室内は、なおも20度のまま。

やはり外は暖かいのだ。

冬は窓を閉め切るので、外の「(自然)音」はほとんど聞こえません。

しかし、今は雉が鳴き、鶯も鳴き、その他の鳥の賑やかな声が聞こえ、春なのだと感じました。

夏になれば、猛暑で歩けたものではなく、冬のままでは寒く、今が一番ちょうど良い時。

思えば、八戸に来てから、桜をきちんと見ていないことに気付きました。

去年も、一昨年も、新田川沿いの桜を、車中から遠目に見ただけ。

今年は、近くでゆっくり眺めたい。

今の生活、今の仕事になって、一番の変化は自然を、今なら春を愛でる気持ちが芽生えたこと。

外に出て、周りを眺めれば、こんなにも自然が美しかったとは。

どうして、今までそれに気付かずにいたのか。

余裕がなかった?関心がなかった?

何にせよ、勿体ないことです。

自然を感じるだけで、こんなにも心が満たされるのに。

投稿者プロフィール

中田 雅也
中田 雅也結い心理相談室
あなたのミカタ(味方となり、強みを再確認し、見方を再構成し、やり方を一緒に考える)となって、ソーシャルワーク&カウンセリングを駆使して、あなたの今ここからの歩みをお手伝いします。