大丈夫の所作

不安に駆られたり、強い刺激を受けると、自分が、いつもの自分ではなくなる感覚を覚えるかもしれません。

いつもの、良い状態でもないけれど、悪くもない状態にどうやったら戻せるのか。そう思うこともあるかもしれません。

自分を見失う、とは、話に聞くが、いざ自分がそうなると「これがそうなのか」とその苦しさに驚くこともあります。

そんな時は、自分のいつも通りの所作(ルーティン)を思い出すと良いかもしれません。

いつもの起きる時間に起きる。

朝起きてから、いつものように(例えば)歯磨きをする、コーヒーを飲む。

自分が長く来ている、生活が染み付いた衣服を着る。

頻繁に読んでいる本やサイトを見る。

日課の散歩をする、走る。

毎日、何かの勉強をしているなら、同じように今日もする。

・・・やっていく中で、繰り返す中で徐々に落ち着くことを願って。

「いつもどうしていたか」は、思い出さなくても、体が覚えています。

慣れたいつもの所作をすれば、普段通りの自分の感覚を取り戻すかもしれません。

そして、自分が落ち着く所作があれば、意識してそれを行うと良いでしょう。

意識的に、無意識的に、自分が好むこと、そうではないことがあるはずで、自分に負荷をかけずに、自分を保っていられる所作を見出だしていきましょう。

今日も、明日も、あなたが自身を保っていられるように。

投稿者青森県八戸市・階上町の心理カウンセラー)

中田雅也

支援者のための、支援者のミカタ(味方) カウンセラー。

『人(心)と環境』の視点で、人を捉えるソーシャルワーク技法を用いて、人間関係の悩みやご自身の悩み、人生や生活の諸課題に対する対応や解決をお手伝いします。

投稿者プロフィール

中田 雅也
中田 雅也結い心理相談室
あなたのミカタ(味方となり、強みを再確認し、見方を再構成し、やり方を一緒に考える)となって、ソーシャルワーク&カウンセリングを駆使して、あなたの今ここからの歩みをお手伝いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA