人が持つ「間」

『人』という字は『互いに支え合って「人」となる』

金八先生の有名な台詞です。

上手い言い回しだと思います。それは人々が潜在的にそう感じるから、人々の心を打ったのでしょう。

そして、「人」と「人間」の言い方の違いについて。

僕個人は、「人」と言った場合、生物学的なヒトという印象を強く受けます。

哺乳類、種としての人、肉体のある人など。

「人間」と言った場合、その「間」からは「社会性」「人間関係」が思い起こされます。

そこには、精神、心があり、それこそが人間らしさの証しです。

ちょっと理屈っぽくなりましたが、人の「間」に喜んだり、苦しんだり、それだけでなく、そこから学習したり、心を鍛えたりするのは、とても人間らしいと思います。

僕たちは、一人では生きてはいけないし、そうかと言って間が密になると苦しいし、常に人間は、この「間」の取り方に苦悩するのだと思います。

某芸能人が言っていた格言。

人は一人だと寂しい、しかし、二人だと煩わしい。

或る年配者が語っていたそうですが、僕も思わず、そうかもしれないと唸りました。

自分の幼少期等を経て、備わった性質があります。

普段は、間が密な方が良いか、緩やかな方が良いか。あるいは好むのか、

どんな時に密で合って欲しいのか、逆に、どんな時に密であって欲しくないのか。

密と緩やかの度合いも含めると、その組み合わせは数えきれないほどの類型があるのだと思います。

他の動物にも、個体間の凝集性はあると思いますが、人の「間」に助けられ、時には苦しめられ、ひたすた考え続けるのは、やはり人間に固有なのだと僕は思います。

自分に最も適した「間」、最適解を見出だせたら、少しは対応しやすくなるでしょうか。

それとも、対応する相手の数や場面の数だけ、考え続けることになるでしょうか。

ずっと一人がいいとは、簡単には言えません。

ずっと二人がいいとも、簡単には言えません。

人の性質とは、実に不思議なものです。

だから、自分の基本的性質を踏まえて、状況に応じた、複数、存在する最適解を見出だすことになるのだと思います。

その複雑さもまた、人間らしいと言えるのかもしれません。

投稿者青森県八戸市・階上町の心理カウンセラー)

中田雅也

人間関係、職場のストレス、働き方、家族、将来や人生についてのお悩み、性格等の自分自身の悩み、人を支える立場の方の悩みに対応します。 あなたのためだけのプライベート・カウンセリングをご利用ください。

投稿者プロフィール

中田 雅也
中田 雅也結い心理相談室
あなたのミカタ(味方となり、強みを再確認し、見方を再構成し、やり方を一緒に考える)となって、ソーシャルワーク&カウンセリングを駆使して、あなたの今ここからの歩みをお手伝いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA