居心地という不思議

たまにしか行かない古い喫茶店があります。

たまにしか行かない理由は、深く、余韻も含めて味わいたいから。

好きなものに対する接し方は人それぞれだと思います。僕の場合は、たくさん触れる場合と、少ない頻度で丁重に愛でるようにするものとに分かれます。件の喫茶店は後者です。

「コーヒーも雰囲気も味わいたい」とは言いましたが、そこの喫茶店でしか味わえない「居心地」があるから、そこに希少価値を感じるのだと思います。

居心地とは、ある場所や地位にいる時に感じる気持ち。

何を居心地が良いと感じるかは人それぞれ。新しければ良いという訳ではない。味が良ければ良いという訳でもない。対応が良いからという訳でもない。

そこに在る店の雰囲気は、決して意図して作りきれるものではなく、店を構成する全ての要素(店主、コーヒー、客など)が積み上がって作り上げられた、醸し出すもの。

安易に再現できる性質のものではないから、唯一無二だからこそ価値があると思います。

件の喫茶店は、こぢんまりして、美味しいコーヒーを店主との雑談を肴に味わいます。

普段は、静かに過ごす方が好きですが、ここでは妙に話したくなります。店主の人柄もあるかもしれません。どうと言うこともない、たわいのない会話ですが、その会話の感触は、ここの店主とでないと感じられないのです。

また、話すだけなら、家族でも、友人でも、仲間でも出来ます。しかし、今ある関係性の外側にあるからこそ、自由に話せるということもあります。カウンセリングもそのようであると思います。

実際、話した後は気分が良いのですから。

居心地の良さとは、その対象との相性のようなもの。

きっと時間を経て、人間関係のように変化していくこともあると思います。

いつかはこの居心地の良さも失われるかもしれません。儚いけれど、今の居心地の良さがある内は、それを楽しみたいと思います。

投稿者プロフィール

中田 雅也
中田 雅也結い心理相談室
あなたのミカタ(味方となり、強みを再確認し、見方を再構成し、やり方を一緒に考える)となって、ソーシャルワーク&カウンセリングを駆使して、あなたの今ここからの歩みをお手伝いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA