徹底的に味方

一歩、仕事という戦場に出れば

周囲から直接的に、間接的に、さまざまな要求を突きつけられる。

自分自身に対しても

もっとこうすれば、何故こう出来なかったのかと突きつける。

真剣であるほどに自分を追い詰めがち。

しかし、よく考えて欲しい。

前向きになれない程の精神状態に陥ってしまったら元も子もない。

『また失敗した』

→いいじゃないか。出来ていない事実をきちんと見据えているではないか。

→悔しがったり、残念に思うのは、目標を見据えているからだ。

→続けた者にしか、成功も失敗も与えられない。

徹底的に自分の味方をして欲しい。

それは甘やかすのとは異なる。

まず出来ている事を認める。そこに自信を持て。

その上で、どうするかを自分に問え。

貴方には答えを導き出す力がある。

だって、ここまでやって来れたじゃないか。

もし、貴方の大事な方が躓いていたら

貴方は、徹底的にその人の見方をするはずだ。

同じように、徹底的に自分の見方をして

元気付けよう。

自分を信頼する。

そんな感覚を持てたなら

適切に前に進めるはず。

投稿者青森県八戸市・階上町の心理カウンセラー)

中田雅也

人間関係、職場のストレス、働き方、家族、将来や人生についてのお悩み、性格等の自分自身の悩み、人を支える立場の方の悩みに対応します。 あなたのためだけのプライベート・カウンセリングをご利用ください。

投稿者プロフィール

中田 雅也
中田 雅也結い心理相談室
あなたのミカタ(味方となり、強みを再確認し、見方を再構成し、やり方を一緒に考える)となって、ソーシャルワーク&カウンセリングを駆使して、あなたの今ここからの歩みをお手伝いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA