心をも磨く

こんばんは。

昨日、掃除の話をしました。

掃除をすることで磨かれる心について触れました。

この感覚をどんなふうに表現したら伝わるだろうか。

いろいろ考えていたら、ちょうど良い記事に出会えました。

そもそも正直面倒くさいし、拾えば手も汚れるから気が進まない。当然、大学に入るまで、僕はゴミなんか拾ったこともなかった。“監督に言われるから拾う”僕に、岩出先生は「なぜゴミを拾うことが大事なのか」というところからアプローチをしてくれた。

「ゴミを拾えない人間は、“そこにゴミが落ちている”と気づけない人間だ」
「そんな視野しかない選手が上手くなるわけがない」
「そんな気の利かないヤツの目の前に、ボールは絶対に転がってこない」

gendai media

こちらはラグビーの姫野選手の記事からです。

これぞ僕が伝えたいことでした。

汚れやゴミにすら気付けなくて、ましてや人の心に気付けるだろうか。

そんなことを僕は感じたのだと思います。

人の心は目には見えません。

しかし、行動、しぐさ、表情、身なりなどに心の状態は現れます。

カウンセラーは見える僅かな所から、クライエントを分かろうとし

言葉を通して、相手を分かろうとします。

そんな感性を磨くためにも、目に見えるゴミや汚れに敏感でなけれればならない。

そんなことを思いました。

投稿者青森県八戸市・階上町の心理カウンセラー)

中田雅也

人間関係、職場のストレス、働き方、家族、将来や人生についてのお悩み、性格等の自分自身の悩み、人を支える立場の方の悩みに対応します。 あなたのためだけのプライベート・カウンセリングをご利用ください。

投稿者プロフィール

中田 雅也
中田 雅也結い心理相談室
あなたのミカタ(味方となり、強みを再確認し、見方を再構成し、やり方を一緒に考える)となって、ソーシャルワーク&カウンセリングを駆使して、あなたの今ここからの歩みをお手伝いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA