心は表情に

こんにちは。

過去に参加した研修場面の一コマ。

非言語を察知するという題目で二人で対になって互いを観察。

前提として、無表情でいてくださいの指示。

『楽しいことを想像してください』

→微かに口元が緩んだような、頬が和らいでいるような印象。

→顔の筋肉が柔らかい感じ。

『腹が立つことを想像してください』

→なんか怒っているかも、の硬さがある。

→より無表情の中にも、迫力を感じる。

この微妙な違いはを言葉で説明が難しいけれど

この違いを間違える組みはおりませんでした。

それほど感情は顔に出るということ。

ポーカーフェイスが得意なつもりでいたけれど

実は感情がダダ漏れだったかもしれない。

漏れ過ぎても困るけれども

何を考えているかが分かった方が周りが安心するかもしれない。

喜んでも調子に乗りすぎず

怒っても不必要に悪化させなければ

それはそれで良いのかもしれない。

感情があるから人間らしい。

感情に乗っ取られず表現するイメージで。

投稿者青森県八戸市・階上町の心理カウンセラー)

中田雅也

人間関係、職場のストレス、働き方、家族、将来や人生についてのお悩み、性格等の自分自身の悩み、人を支える立場の方の悩みに対応します。 あなたのためだけのプライベート・カウンセリングをご利用ください。

投稿者プロフィール

中田 雅也
中田 雅也結い心理相談室
あなたのミカタ(味方となり、強みを再確認し、見方を再構成し、やり方を一緒に考える)となって、ソーシャルワーク&カウンセリングを駆使して、あなたの今ここからの歩みをお手伝いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA