自分らしさと自信

こんにちは。

何年か前、某お笑い芸人が「ひな壇」に座らないと宣言しました。

発言の真意は「自分が向いてないから」という自己評価に基づくもの。

潔さと割り切りの良さ...ではなく「ひな壇批判」と大炎上しました。

当時のことは僕はよく知りません。

ただ、今になって二つのことを感じます。

一つは、今は多彩な才能を発揮しているこの芸人でも不得手があるのかという驚き。

二つ目は、自分の才能、またはやりたいことを追求して自分の色を出すというやり方があるということ。

芸人のユーチューブチャンネルと見ていると

テレビよりも余程にいきいきしているなと思う人がいます。

テレビどころか、文章を書くことで、または絵を描くことで

世の人々から多くの評価をされた人もいます。

その人の性質に合う、その人の持っている力を発揮しやすい場があるということ。

必ずしも一つの場、定型化されたものに囚われる必要はないということ。

それは一つの「自信」と言えると思います。

確かに、個人的にも自分の持ち味を認識し、自由に表現できると楽しいと感じます。

自分は自分であるという感覚。

それは上手くいっても、上手くいかなくても、残り続けるものだと思います。

投稿者青森県八戸市・階上町の心理カウンセラー)

中田雅也

人間関係、職場のストレス、働き方、家族、将来や人生についてのお悩み、性格等の自分自身の悩み、人を支える立場の方の悩みに対応します。 あなたのためだけのプライベート・カウンセリングをご利用ください。

投稿者プロフィール

中田 雅也
中田 雅也結い心理相談室
あなたのミカタ(味方となり、強みを再確認し、見方を再構成し、やり方を一緒に考える)となって、ソーシャルワーク&カウンセリングを駆使して、あなたの今ここからの歩みをお手伝いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA