言葉は剣

こんにちは。

僕の初代上司に教わった言葉。

『職業柄、言葉に敏感だからこそ、言葉で傷つくことがある。』

詳細の言い回しは忘れたけれども、こんな内容。

二十数年前の言葉だけれども、今でもよく覚えている。

それは自分も何度も実感したから。

それほど言葉の扱いは難しい。

援助・支援という職業柄、文字にしても発話の言葉にしても

最新の注意を払います。

誰かを元気付けることも出来、その逆も出来てしまう。

意図せぬ不用意な言葉によって、大変な事態を招くこともある。

今の時代、剣は使わないけれど、本体、剣には命を奪うほどの力があります。

今の世の中なら、例えば調理で用いる刃物。

不可欠だけれど、使い方を間違うと大怪我します。

日本語とは結構複雑。世界最難関とも言われているそうな。

カウンセラーも当然、語彙力が大事。

同じ事象を言うにしても、いろんな表現の仕方があり

直接的な良いか、間接的が良いか

美しく伝えると良いか、感情を強く出すか

言葉の選択が物を言う側面があります。

それは単に温かいか、冷たいかだけではなく

文脈に見合った物でなければなりません。

常に諸刃の側面があるのは事実。

どんな仕事であっても、どんな生活場面であっても

言葉を使わないわけにはいきません。

言葉という剣を(鞘:さや)にどう収めるか

言葉という剣をどう研磨するか

また、扱い方(剣技)をどう高めるか

とても重要です。

言葉を剣に見立てると

言葉に無頓着でいるわけにはいかない。

そんなふうにいつも思います。

さながら言葉(剣)の扱いに長けるとは

剣技と自らの心をよく修練した武士のようであるかもしれない。

そんなことを考えました。

投稿者青森県八戸市・階上町の心理カウンセラー)

中田雅也

日常の中の悩み事等を気軽に何でも話せる場所として、ご利用下さい。貴方の中ある良さをたくさん見出だせるように。

投稿者プロフィール

中田 雅也
中田 雅也結い心理相談室
あなたのミカタ(味方となり、強みを再確認し、見方を再構成し、やり方を一緒に考える)となって、ソーシャルワーク&カウンセリングを駆使して、あなたの今ここからの歩みをお手伝いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA