最適解

こんにちは。

最近、『最適解』という言葉を聞いたり、目にします。

そして、無意識に「これいいね」と感じていることに気付きました。

何故、そう思ったのでしょうか。

最も適した答え。現状から最適と考えられる解答。「状況分析して―を導き出す」

goo辞書

「現状から最適と考えられる解答」とある通り、現状から判断するため、現状の状態が変われば解答が変わります。

だから多様な思考過程が許容されます。それは、とても当たり前のことですが、大事だと思います。

例えば、正解と言うと、「唯一無二」の答えが、状況に無関係に在るという、ちょっと文脈無視して置いてあるかのように個人的には感じてしまいます。

また、正解以外は全て不正解、そこには思考過程の介在を許さないような厳しさを感じてしまいます。

  1.  正しく解答すること。正しく解釈すること。また、その解答や解釈。「―を出す」「クイズに―する」
  2.  結果的によかったと思われること。
goo辞書

正しい解答だったかは、直ぐには分からないこともあるけれど、結果的に良かったと思われる正解に辿り着けたら幸いです。

それは、現状から最適と思われる道筋を地道に考える最適解によってもたらされるのでしょう。

そして、振り返れば最適解は何度もアップデート(更新)されていくのだと思います。

カウンセリングの過程、それ以外の問題解決や課題対処の過程にも、最適解を求める思考がたくさん張り巡らされていると思います。

『最適解』

とても気に入った言葉です。

投稿者青森県八戸市・階上町の心理カウンセラー)

中田雅也

日常の中の悩み事等を気軽に何でも話せる場所として、ご利用下さい。貴方の中ある良さをたくさん見出だせるように。

投稿者プロフィール

中田 雅也
中田 雅也結い心理相談室
あなたのミカタ(味方となり、強みを再確認し、見方を再構成し、やり方を一緒に考える)となって、ソーシャルワーク&カウンセリングを駆使して、あなたの今ここからの歩みをお手伝いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA