立ち返る心象

こんばんは。

昔、先輩に連れられて、何度か福島競馬場に行ったことがあります。

競馬は素人ですが、ただ出かけることと、友人たちとの食事や賭けを楽しむことが目的でした。

今でも競馬のことはさっぱりですが、ただ楽しかった時の気分、その時の様子は心象(イメージ)として残っております。

何か楽しいことを思い出してと言われたら、思い出せる一場面です。

競馬の話をしたことには深い意味はないのですが、以下の記事を見つけたので競馬繋がりで挙げてみました。

中でも深い印象を残しているのは、引退レースとなった06年の有馬記念。「自分の中で一番、ディープといい関係になれたレース」と明かし、「今でも自分が沈んでいる時は見ますね、あのレースは。元気になりますね」と話していた。

netkeiba.com

武豊騎手は、思い出して元気になれる場面として、二千六年の有馬記念を挙げているようです。

僕の考えとして、過ぎた出来事自体というよりは、その時に感じた良い気分・良い心象は何度思い出しても、自分に良い効果をもたらすと思います。

決して過去の成功体験云々に囚われたり、逃避するような後ろ向きなことではなくて、自分の心を整えるきっかけとして「有り」なのではないかと思いました。

意外と悪いことは覚えていたりするのに、良いこととなると意外に覚えていなかったるするものです。

良かったことだってたくさんあるはず。

立ち返る(良い)心象はいくつ持っていても良いのではないでしょうか。

投稿者プロフィール

中田 雅也
中田 雅也結い心理相談室
あなたのミカタ(味方となり、強みを再確認し、見方を再構成し、やり方を一緒に考える)となって、ソーシャルワーク&カウンセリングを駆使して、あなたの今ここからの歩みをお手伝いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA