しっくりとくる言葉

こんにちは。

あまり遣ったことがない言葉ですが「しっくりくる」とは大事だと思います。

しっくり

 物と物、人の心と心などが調和して、安定しているさま。ぴったり。「着物に―(と)合った髪形」「夫婦の間が―(と)行かない」
 強く、鋭く刺激を与えるさま。ぎゅっと。ちくりと。

引用:デジタル大辞泉(小学館)

言葉(文字、会話)だったり、人間関係だったり、いろんな場面に「しっくり」があります。

僕だったら、文章を書いていて言葉がうまくまとまって収まる、カウンセリングで互いに話した言葉の意図と中身が伝わった時に「しっくり」きたと思います。

意図して「しっくり」させたいけれど、意図するほどに遠くなるのが「しっくり」。

ゆったりと、自由に、何にも囚われずに発した言葉の方が、なぜか「しっくり」くるので不思議。

こんな漠然としか言いようがないけれど、伝わったら幸いです。

目にした言葉が、自分の心に留まって、突然に自分の胸の内にはまってしまって、しっくりくることもあります。

今日、食後にぼんやりとヤフーニュースを見ていたら、某芸能人のいさかいが載っていました。

個人的には内容はどうでも良くて、「いさかい」もまたネタになる人々だからと読み流そうとしたら、突然、ある言葉にしっくりきてしまいました。

「だからそんなに焦ることもない。芸能人生長いから」

Yahoo!ニュース

突然の刺激に自分でも驚き、なぜそう感じたのかを振り返ると、自分がかけて欲しい言葉だったからかもしれません。

そんなに何かに焦っている自覚もなかったのだけれども、頑張っていないつもりでも、心の中で気が張っていたのかもしれません。

自分の感情に自分で気付いているとは限りません。むしろ気付いていないことの方が多いかもしれません。より気付いた方が精神的に調子が良くなると個人的には思うので、努めて内省はするけれども、これには気が付かなかった。

しっくりきた言葉によって、自分の状態に気が付きました。こんなこともあるようです。

また一つ良い経験をしました。

投稿者プロフィール

中田 雅也
中田 雅也結い心理相談室
あなたのミカタ(味方となり、強みを再確認し、見方を再構成し、やり方を一緒に考える)となって、ソーシャルワーク&カウンセリングを駆使して、あなたの今ここからの歩みをお手伝いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA