写真と記憶

こんにちは。

今日の八戸市は曇り空で強風です。

昨日から風が強く、所によっては満開の桜も散り始めております。

天気は良くなくても16度と暖かく、本来は陽気なのです。

この時期、この暖かさに包まれていると

ふと、隅田川の川下りを思い出します。

数年前のことです。

下の写真が自分で撮った写真です。

風の心地よさと桜と水の音。

家族で旅行した思い出です。

実は写真で見ると少し味気なく感じてしまいます。

ただの一風景になってしまっているようです。

目には見えないワクワク感

一緒にそこに居た家族の存在

観光を楽しんでいる気分の高揚

見慣れない景色を眺める楽しみ

その時、その場ではそんな面持ちがありました。

その面持ちが風景をさらに鮮やかにしてくれたのだと思います。

『写真には映らない美しさがあるから』

某曲の歌詞ですが

そんな感覚かもしれません。

どうやら記憶の中の風景の方が綺麗なようです。

今はスマホで何でも写真に撮れてしまいますが

自分の目と記憶に焼き付けて

存分に味わっても良いのかな

そんな風に思います。

投稿者プロフィール

中田 雅也
中田 雅也結い心理相談室
あなたのミカタ(味方となり、強みを再確認し、見方を再構成し、やり方を一緒に考える)となって、ソーシャルワーク&カウンセリングを駆使して、あなたの今ここからの歩みをお手伝いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA