育苗

こんにちは。

地元の学校は今日が終業式のようです。

いよいよ春休みですね。

また、近所の畑で土作りしている光景も見られ、芽吹く季節の到来を感じさせます。

個人的な思い出話ですが、春休みの時期と言えば「育苗箱」の準備を思い出します。

育苗箱とは、稲の種籾を蒔く、苗を植える土を容れる箱です。

農家の父の手伝いで、かなりの数の育苗箱に、新聞紙を敷く作業を手伝いました。

単純作業の繰り返しなので、簡単なようでかなり大変でした。

農家の倅の言っても、大して手伝いもしていなかったので、農家の大変さはあまりわかっていません。

ただ、父は米作りに誇りを持っていて、そんな父の姿に米作り職人を感じて、僕も誇らしく思っておりました。

そこに注いだ情熱は相当なものです。

稲ってやつはな、弱い。

人の手なしには生きられん。

百姓はこのか弱い奴が、何を欲し何を嫌うかを

聞いて、見つけてやるのが仕事。

明けても、暮れても、頭の中は

このか弱い命を生かすこと、

命をまっとうさせること、

よく見てやれ、虫にやられてやしないか、病がないか、

病気があったらあったで、抜くしかないのか、

それとも治るのを待てるのか。

よく見てる人間には答えを教えてくれる。

バガボンド 37巻

宮本武蔵を描いた井上雄彦氏のバガボンドは僕が最も好きな漫画。

まさかその中で、稲を育てる極意に触れているとは驚きました。

今は亡き父ですが、思えばそんな姿勢で稲に向き合っていたように思います。

「よく見てる人間には答えを教えてくれる」

これは稲作だけでなく、他の事柄にも通じる極意に思えます。

いずれにしても、農業とは深いです。

一つの何かを深めれば(極めれば)、その他にも通じる深奥に行き当たるのだと思います。

芽吹いて、伸びて、穂が実る過程は季節とともにあり、少なくともその年はやり直しが効きません。

この技に習熟するのに一体、何度(何年)繰り返せば身につくのだろうと、思います。

米の漢字の由来は「実るまで88回の手間がかかる」です。

それも単なる作業ではなく、稲を慈しむように接して育てる作業です。

今は、その始まりの大切な時期です。

できることなら、自然災害がなく、秋には豊作を喜んで過ごしていられるように。

そんなことを思い、陰ながら日本の農家を応援したい気持ちになりました。

投稿者プロフィール

中田 雅也
中田 雅也結い心理相談室
あなたのミカタ(味方となり、強みを再確認し、見方を再構成し、やり方を一緒に考える)となって、ソーシャルワーク&カウンセリングを駆使して、あなたの今ここからの歩みをお手伝いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA