刻んだ時

こんにちは。

こちらは三日前の僕の投稿です。

行ってから三日経っているにも拘らず、妙にこの空間で感じたものの余韻がまだ残っております。

内装は済んでおりますが、昭和の建物なのは間違いないと思います。

古いけれども、清潔で綺麗。

不思議な落ち着きと味わい。

どこから、それが生じているのだろう、と思います。

大きな古時計という歌があります。

「おじいさんといっしょにチクタクチクタク」

「何でも 知ってる 古時計」

この古民家も、たくさんのことを知っているのだなと。

中にある、年数を刻んだ机や椅子も、たくさんのことを見てきたのだなと。

自分の生きた時間よりも長い民家に敬意すら感じます。

以前の持ち主はいなくても、新しい持ち主によって、

このように味わいのある輝きを放っております。

新しいものでは作り出せない味わいと醸し出す雰囲気。

うーん、ここで感じたものを、言語化しきれないのがもどかしい。

たまにこうやって、考えるよりも、感じて、

思い切り感覚優位でいるのも、良いかもしれませんね。

投稿者プロフィール

中田 雅也
中田 雅也結い心理相談室
あなたのミカタ(味方となり、強みを再確認し、見方を再構成し、やり方を一緒に考える)となって、ソーシャルワーク&カウンセリングを駆使して、あなたの今ここからの歩みをお手伝いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA