試行錯誤

こんにちは。

とても素敵な投稿を見つけました。

間違えることは恥ずかしくないという雰囲気ができて、

男女問わず挑戦するようになったとの話です。

僕も、一度こういうのを経験したかったです。

大人になってからも、企画などで案を出す時、あれは駄目、これは駄目と言われた経験が思い出されて、

どうしても心に停止をかけてしまいます。

個人的に、ゼロ秒思考という作業が好きで、しばしば行います。

内容は、A4の白紙一枚を横にして、考える内容の題名を一つ書いて、

題目に沿って浮かんだことを一枚に四から六行、各行とも二十から三十文字で書くというものです。

誰に見せるわけでもなく、思い浮かんだことを反射的に書くと、

自分でも意外と面白いと思える着想があったりします。

「教室はまちがえるところだ」の精神でいけば、極端な言い方かもしれませんが、

みんなで「ゼロ秒思考」をするようなものかな、と思いました。

自分が考えたことを、恥ずかしがらずに、思い切って言葉にする。

何と楽しいことでしょうか。

こちらは、全然違う投稿ですが、

「人のアイディアを笑うこと」「自分のアイディアを笑うこと」は

クリエイターがやってはいけないこととして挙げております。

事柄は違うけど、恥ずかしがらずに、失敗を恐れないで、という精神は同じだと思います。

結論として、

試行錯誤( 新しい物事をする際に、試みと失敗を繰り返しながら次第に見通しを立てて、解決策を見いだしていく事)とは、

とても尊い過程である、

そのように思いました。

皆さんも、自分や他者の試行錯誤を尊重していきましょう。

僕もそうしようと改めて思いました。

投稿者プロフィール

中田 雅也
中田 雅也結い心理相談室
あなたのミカタ(味方となり、強みを再確認し、見方を再構成し、やり方を一緒に考える)となって、ソーシャルワーク&カウンセリングを駆使して、あなたの今ここからの歩みをお手伝いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA