調律

こんばんは。

目にしたもの、耳で聞いたものは、人の心に蓄積すると思います。

例えば、心地よい風景、心が和む音を聞けば気分は良くなります。

反面、目に触れて良い気のしない場面を見たり、騒音や不快な内容の言葉を聞くと、気持ち悪くもなります。

日々、忙しくしていると、何を見たか、何を聞いたかを一つ一つ覚えているのは難しくなります。

それでも、見たものや聞いたものが心の中に蓄積して、気分を形成することがあります。

だから、目にするもの、耳にするものは、ある程度に選別した方が良いと思います。

そして、目にしたもの、耳にしたものに引きずられて、心のバランス(均衡)が崩れることもあります。

楽器でもチューニング(調律)という作業を行なって、楽器の音高をある音律に合うように整えます。

楽器については門外漢ですが、これがとても大事な作業であることがわかります。

最近、心理療法としてもマインドフルネス、瞑想が注目されておりますが、これも一種の調律なのだと思います。

僕も、心の中の整理として、ひたすら文字起こしするのも調律をしているのだと思います。

心の中に溜まったものがると、さながら胃もたれのようで不快感があって、空にすることで調子は整っていきます。

心の中に余計なものが入っていると、誰かを受け入れる余白が少なくなり、支障をきたすことがあります。

今どんな状態かな、均衡がちょうど良いかな、真っ直ぐに相手の目を見られる心のあんていどがあるかな。

そんな心を整える調律を、日々大事にしたいものです。

それはカウンセラーであっても、そうでなくても。よりよい自分であるために不可欠なことだと思います。

人もまた、楽器のような、それ以上の繊細さをもつ、人格をもった存在なのですから。

みなさま、今日も一日、お疲れ様でした。良き眠りを。

投稿者プロフィール

中田 雅也
中田 雅也結い心理相談室
あなたのミカタ(味方となり、強みを再確認し、見方を再構成し、やり方を一緒に考える)となって、ソーシャルワーク&カウンセリングを駆使して、あなたの今ここからの歩みをお手伝いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA