道は通じる

こんにちは。

本日、八戸市内のとあるカフェに行ってきました。

ホームページやSNS等での広告は一切行なっていない隠れた店のようでした。

綺麗な木造りで、こぢんまりとした五席ほどのカウンター席が印象的でした。

紅茶が専門のようでしたが、淹れていただいたコーヒーは抜群に美味しく、良き時間を過ごさせていただきました。

目の前で豆を挽いて、手で淹れていたのですが、どうすればこんなに美味しくなるのか秘訣を聞いてみました。

やおら、話してくださるには「豆の鮮度に合わせたお湯の温度で、焦らないで、丁寧にゆっくり入れること」だそうです。

他にも広告なしにここまで運営することができたのは、そこにどんな秘訣があるのかを聞いてみました。

焦って最初からあれこれしようとしない一つの所作に全力を注ぐこと美味しくするための動作を確実に為す、といった趣旨のことをおっしゃいました。

どうやら、複雑に考えることよりも、基本となる動作と心構えが徹底されていれば良いようです。

コーヒーの淹れ方を尋ねたつもりが思わず、仕事や人生にも通じるような内容で、ぽつりぽつりと語るので、驚きました。

驚くとともに、妙に心に沁みました。

店主は初老の男性でしたが、たくさんの経験を経てここに立っているのだろうと思いました。

店主に比べればまだまだ青い僕ですが、コーヒーの淹れ方の極意は、業種は違えど僕のカウンセリングにも、人生にも通じるのだとわかりました。

事柄は違えど、極意とされるものは、深いところで繋がっているのだと不思議な感動を覚えました。僕のこの事業にもそのまま生かそうと思いました。

僕としては、コーチングを受けたような気持ちになりました。

短い言葉で僕の心に働きかけ、良き変化を起こしたのですから。

投稿者プロフィール

中田 雅也
中田 雅也結い心理相談室
あなたのミカタ(味方となり、強みを再確認し、見方を再構成し、やり方を一緒に考える)となって、ソーシャルワーク&カウンセリングを駆使して、あなたの今ここからの歩みをお手伝いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA