自己肯定

こんにちは。

我が家には「相田みつを」の暦が置いてあります。少なくとも自分はマメにめくっていないのですが、表示された内容に時々はっとさせられます。

今回は『これでいいということはないが これがいまのわたしの精いっぱいの姿です』という言葉です。

あの字体で示さないと味わいが半減してしまうのが残念ですが、今の自分の心境と相まって「そうなんだよ」と思ってしまいました。

自分から「頑張っている」というよりは他者から「頑張っているね」と客観的に評価されるのが良いと聞いたことがあります。それでも、自分でもまだ途上とはわかっているけど、けれでも精いっぱいやったんだよ、と思うこともあります。

自分に厳しく、しかし追い詰め過ぎず。自分を肯定できると自分を見つめる勇気が湧いてきて、もうちょっとやってみようかと思えたりします。

『これでいいということはないが これがいまのわたしの精いっぱいの姿です』の言葉に今日は慰められました。

投稿者プロフィール

中田 雅也
中田 雅也結い心理相談室
あなたのミカタ(味方となり、強みを再確認し、見方を再構成し、やり方を一緒に考える)となって、ソーシャルワーク&カウンセリングを駆使して、あなたの今ここからの歩みをお手伝いします。