眠りから始まる一日

一日の始まりをいつからと捉えるか。

日付の変わる0時と言ってしまえばその通り。

僕にとっては、朝起きてからが一日の始まり。

良くも悪くも、寝起きの調子に気分は大きく影響を受けます。

まだ眠いはまだ良いにしても

「体がだるい」とか「憂うつ」は出来る限りに避けたいと思います。

「憂うつ」は抱えている課題に左右されるのでやむを得ません。

だから、せめて「体がだるい」とは出来る限りならないように気を遣います。

一日頑張った後の夜は、何かしら報酬が欲しくなります。

ちょっとした夜のおやつだったり、漫画や映画を楽しんだり。

しかし、ついつい食べ過ぎたり、夜更かしすることも。

この代償は翌朝に出てしまいます。

なかなか加減も節制も難しいものですね。

朝の低調子に抗って活動するのに

実に多くの労力、精神力を費やします。

(僕の場合)

だから、出来る限りに

良い眠りに集中した方が良いと分かります。

つまりは、眠る所から、一日が始まるということ。

僕の場合

少し小腹が空いたなと思うくらいで

11時前には横になるのが最善です。

一日の心身のリズムの作り方は人それぞれ。

それぞれが、いろいろな「整え方」をお持ちでしょう。

良き整え方がありましたら、ぜひお教えください。

投稿者青森県八戸市・階上町の心理カウンセラー)

中田雅也

人間関係、職場のストレス、働き方、家族、将来や人生についてのお悩み、性格等の自分自身の悩み、人を支える立場の方の悩みに対応します。 あなたのためだけのプライベート・カウンセリングをご利用ください。

投稿者プロフィール

中田 雅也
中田 雅也結い心理相談室
あなたのミカタ(味方となり、強みを再確認し、見方を再構成し、やり方を一緒に考える)となって、ソーシャルワーク&カウンセリングを駆使して、あなたの今ここからの歩みをお手伝いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA