秋の彼岸

秋分の日を中心に、前後三日間をあわせた日付を、秋のお彼岸と言うそうです。

つい数週間前までは、最高気温が三十度超えでエアコンをかけていたのが嘘のようで

まさしく、夏が「向こう岸」に行ったかのような涼しさの今日この頃です。

今朝の八戸市は最低気温が十二度と、窓は閉め切り、毛布がないと寒くて堪りませんでした。

それでも日中、窓を開けると、虫の鳴き声が聞こえてきます。

まだ微かに夏の名残りをを感じます。

間もなく、虫の音の賑やかさも終わっていくことでしょう。

やがて晩秋を迎え、冬の寒さがやってきます。

寒くて窓を閉めるようになれば、外の音とはしばしお別れ。

いささかの寂しさもあります。

しかし、それ故、また命が芽吹く季節に嬉しさを感じていくことと思います。

・・・まだやってきてもいない冬や春を思うのは無粋でした。

収穫の秋、紅葉の秋

まだまだ秋を味わねばなりません。

今在る秋は美しい。

自然に触れて、味わっていると

人に触れるのとは異なる「満ち足り」があります。

自然には、人の心を浄化する作用があるようです。

投稿者青森県八戸市・階上町の心理カウンセラー)

中田雅也

人間関係、職場のストレス、働き方、家族、将来や人生についてのお悩み、性格等の自分自身の悩み、人を支える立場の方の悩みに対応します。 あなたのためだけのプライベート・カウンセリングをご利用ください。

投稿者プロフィール

中田 雅也
中田 雅也結い心理相談室
あなたのミカタ(味方となり、強みを再確認し、見方を再構成し、やり方を一緒に考える)となって、ソーシャルワーク&カウンセリングを駆使して、あなたの今ここからの歩みをお手伝いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA