雪の降る街を

こんばんは。

同じ県内でも八戸市は青空で陽も差す晴天。しかしとても寒く日中の最低気温は三度か四度。

霜柱

十時頃に撮った写真なのですが、その段階でも溶けずに残っている辺りからして気温が上がっていないのがわかります。晴れているけど寒いというのがいかにも太平洋側の冬というう感じです。

こちらは弘前市の写真ですが綺麗な雪景色です。何となく「雪の降る街を」の唄を思い出しました。

この曲は鶴岡市で見かけた降雪風景をもとに作ったとか。自分の出身地でもあるのでなお惹かれます。高校生だったか中学生のころだったかの音楽の教科書に載っていて、その時には何か暗い曲だなと思っていたのですが大人になってみるとこの曲の雰囲気が堪りません。

雪景色の情緒を言葉や曲で表せる感性とはすごいものです。

降り過ぎると、それはそれで辛いのですが、雪国で培われた感性が北国の人々の心の中にあるのだろうと思います。

だから、寒くても、雪が降ってもどこか冬の嬉しさが心にあります。

投稿者プロフィール

中田 雅也
中田 雅也結い心理相談室
あなたのミカタ(味方となり、強みを再確認し、見方を再構成し、やり方を一緒に考える)となって、ソーシャルワーク&カウンセリングを駆使して、あなたの今ここからの歩みをお手伝いします。