好みの机

こんばんは。

つい先日、作業用の机を新調しました。

小さめのテーブルでずっと代用していたのですが、きちんとした机が無いと姿勢も乱れ、集中も乱れ、環境をきちんと整えようと思った次第です。

僕は基本的にミニマリスト志向なので、あまり物を所有しません。そのため、たくさん収納できる机よりも、無印のテーブルのようなシンプルなものが好きです。

更に、小さい机だとパソコンとノートを置くので精一杯になるので、広めの机が好きです。少しでも窮屈さを感じるのが嫌で、不快にならずに広々と使える机が好みです。

そうは言っても、机の上にはパソコンとノートと時計しか置きません。装飾物は一切不要の方針です。理由は気が散るからです。

何も無いと、気の散りようが無くて、気分が乗らなくても目先の作業を考えざるを得なくなって『ぐずぐず』する時間が減ります。

むしろ、余計な物が無くて、無のように感じる空間にこそ美を感じるくらいです。

実物とは異なりますが、☝️のような横広の机です。

こういうシンプルでスッキリしたのが好みで、心地良さも感じます。自分の好みに適った、質の高いものがあればそれだけで十分で、満ち足ります。

何とも気分が良くて、心が整います。だから、何を持つかは意外と重要だと思います。どうせなら、自分の気持ちも、作業効率も仕事の質も上げてくれる物を持つのが一番です。そして、この心地良さに支えられて、また頑張ろうと思えます。

作業環境とは心身を高めたりもするし、低下もさせるので、もっと早くから気を遣っても良かったかも知れません。

さながら個人事業主の労働安全衛生です。

投稿者プロフィール

中田 雅也
中田 雅也結い心理相談室
あなたのミカタ(味方となり、強みを再確認し、見方を再構成し、やり方を一緒に考える)となって、ソーシャルワーク&カウンセリングを駆使して、あなたの今ここからの歩みをお手伝いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA