愛想より大事なこと

愛想には、いろいろな意味があります。
主には、『人当たりのいい態度』『相手の機嫌をとるための言葉や振る舞い』の意味で使われると思います。

愛想が良いことは、大事なことですが、それだけになると、ただの表面的対応、取り繕い、などと段々と悪い意味に転じて来ることもあります。

難しいものですね。
また、後者には「へつらい(媚びる)」の意味もあるので、どの人間関係においても、自分を売るような軽々しさが、保身の言葉と共に、浅ましさを伝えてしまいます。

全く無くても困るけど、過ぎても困る。
人は、愛想以上に何を見るのか。言葉にすれば「誠実」「真摯」でしょうか。

僕は、「誠実」とは、「言ったこと(言葉)」を「実行して(成す)」、本当のこと(実)にすることと考えております。
だから、たとえ機嫌取りで調子の良いことを言ったとしても、それが心からの言葉であれば、言ったことを自分が有言実行すれば、それは誠実だと思います。
逆に、思ってもいないこと、出来もしないことは言うべきではないと思います。それは嘘になるからです。

この言行一致、確かさが、真摯(まじめ)と言えると思います。

実際に試してみるとわかるのですが、小さな嘘も矛盾も無い言行(口で言うことと実際の行い)とは、とても難しいです。
いかに普段、軽々しく物事を口にしているかがよく分かる位です。

だから、「誠実」と言う言葉には、価値があるのだと理解できました。

もし、愛想と誠実を実行できたのなら、そこにどれほどの品性をまとえているだろうかと思います。昔の、高潔な侍のようであり、まさに武士道です。

なかなかそこまでの実践は難しいかもしれませんが、他者からの確かな信頼を得るには、そう言ったことが不可欠なのだと思います。

少なくとも、援助の世界でも、言行一致、嘘が無いとは、援助者として大事な姿勢であり、その姿にクライエントは真に信頼を寄せられるのだと思います。

簡単ではないけど、自分に課したいこと。

投稿者プロフィール

中田 雅也
中田 雅也結い心理相談室
あなたのミカタ(味方となり、強みを再確認し、見方を再構成し、やり方を一緒に考える)となって、ソーシャルワーク&カウンセリングを駆使して、あなたの今ここからの歩みをお手伝いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA