本物の言葉へ

こんにちは。

『何かあったら、いつでもご相談ください。』

お決まりの言葉だが、いろいろと「思う事」がある言葉でもあります。

なぜなら、メールの「よろしくお願いします」くらいに、本来の意味よりも、「あいさつ」の意味が強いからです。

本気で、相手を支援しようと思うほどに、簡単には言えない言葉でもあると思います。

もちろん、悪い意図があって使う言葉ではないのですが。

『何かあったら、いつでもご相談ください。』

これで、本当に困った時に、どれほどの方が頼るのだろうか。

おそらく、人生経験を積むほどに、実際に相談しようと思ったら、聞いてもらえなかったり、相談できる雰囲気がなくて、ためらった経験のある方は少なからずいるのではないでしょうか。

これは、自分の反省も込めてのことです。

「観察」の「察」の「察する」の言葉は、とても重要です。

相手が何かを伝えたがっているのを見落とさずに、下手に間を置かずに声をかけられたら、「いつでもご相談ください」に応えられた状態だと思います。

そうは言っても、実際にはとても難しいことです。

僕は、支援職でありながら、何かあった時に人に相談するのが苦手です。

「自分で解決しなければ」

「人の時間を奪うことになる」

どうしてもそんなことを考えてしまいます。

かつては、人に「いつでもご相談ください」といいながら、自分の時にはそうできないことに、矛盾を感じていたこともあります。

結局、考えすぎると、行動できなくなるようです。

故に、「助けて」「力を貸して」と、速やかに言えることに優ることはないと思います。

「相談させてください」と行動できることに優るものはないと思います。

決して、頼りたくない訳ではない。

話したくない訳でもない。

自分の気持ちがどこにあるのかさえ、よく分からなくなってしまっているのかもしれない。

相談に至る前段階のクライエントの心理は、とても繊細で複雑だと思います。

僕個人としては、特殊な状況下でなければ、「いつでも」は除いて、『何かあったら、ご相談ください。』と言うようにしております。

「いつでも」を入れると、応えられなかった時に、嘘になってしまうからです。

また、常套句と分かっていても、敢えて言い続ける必要があると思います。そして、その機会がやってきた時には、ただのお決まりの言葉から、確かさを感じる言葉へと変貌を遂げていることでしょう。

言霊ではないけれど、言葉と行動が一致して、体現できていることが大事ではないでしょうか。

嘘がないこと。

「言(葉)」が、現実のものと「成」り、『誠』へとなるのだと思います。

投稿者プロフィール

中田 雅也
中田 雅也結い心理相談室
あなたのミカタ(味方となり、強みを再確認し、見方を再構成し、やり方を一緒に考える)となって、ソーシャルワーク&カウンセリングを駆使して、あなたの今ここからの歩みをお手伝いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA