足跡に感じる息吹

こんにちは。

八戸市は、大雪です。

天気予報で、雪が降るようだと聞いてはおりました。ただ、ちょっとちらつくか、積もっても薄らだろうと思っておりました。

ところが、がっつりと積もりました・・・。朝の段階で、十センチはあるでしょうか。

おそらく、どの家庭も、朝起きてびっくりだったと思います。

出勤で、雪かきもしていられないとばかりに、車の轍だけくっきりと残っておりました。

歩道を歩いていると、まだ誰の足跡もついていない、新雪の箇所が、至る所にありました。

それでも、所々に足跡があって、歩道の除雪が追いつかない状態にあっては、前の人が通った足跡を頼りに、踏み進めます。

ついつい、先に通った人の歩幅に合わせると、なぜか、顔もわからない他人のことが、ぼんやりと頭に浮かんできます。

『この歩幅は、大きいから、きっと大股で歩く、体格の良い男性かな』

『短い歩幅なのは、雪で滑らないように、しっかりと踏みしめているのかな』

そんな想像が働きました。

深い雪道を歩くと、思いの外、体力が消耗します。

何なら、汗ばむほどに。

だから、誰かが通った足跡は、とても助かります。

また、時に、「ここは、本当に歩道だよね」「側溝があったりしないよね」と心配になることもありますが、その点、足跡があるから、このまま進めると安心できます。

足跡とは、文字通りに足の跡。

その足跡に、人の息吹を感じて、かすかな交流をしているかのようです。

投稿者青森県八戸市・階上町の心理カウンセラー)

中田雅也

人間関係、職場のストレス、働き方、家族、将来や人生についてのお悩み、性格等の自分自身の悩み、人を支える立場の方の悩みに対応します。 あなたのためだけのプライベート・カウンセリングをご利用ください。

投稿者プロフィール

中田 雅也
中田 雅也結い心理相談室
あなたのミカタ(味方となり、強みを再確認し、見方を再構成し、やり方を一緒に考える)となって、ソーシャルワーク&カウンセリングを駆使して、あなたの今ここからの歩みをお手伝いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA