腰痛とストレス

腰痛に悩んでいらっしゃる方は多いと思います。

腰痛が多いとされる職業の方もいらっしゃることでしょう。

僕が初めて腰痛を経験したのは十代後半でした。

運動中で、いわゆるぎっくり腰です。

腰痛は実に苦しいです。

単純に痛いというだけでなく

あらゆる家事動作、入浴、排泄にも支障をきたします。

腰が、全ての動作に関連しているのだとよく分かりました。

酷い時は起き上がれず

四つん這いになって移動したことも。

厄介なのは、癖になりやすいこと。

個人的には寒い時期に特に再発しやすく

コルセットは手放せませんでした。

特に腰痛の発生頻度が高かったのは仕事が忙しい時。

自分では気が付かなかったのですが

周囲から指摘を受けて気がつきました。

自己観察をすると

確かにストレス度合いが増すほどに

腰痛の発生頻度は急上昇したと思います。

腰痛とストレスの関係は正直信じておりませんでした。

しかし、体感的にも、事実のようです。

病院で検査をしても原因がはっきりしない場合も多いそうです。(参照:ディカルフロンティア

腰痛とストレスの因果関係、機序は調べればいくらでも出てきます。

まずは、ストレス源を断ったり、軽減したりするより他はありません。

基本的なことですが

腰痛にストレスが関係していると認識し

自分の置かれた環境を振り返り

出来る手段を講じることです。

安易な方法論を外から得ようとするより

自分で見出だして

自分で健康を保つ姿勢を身につけることが

対症ではない、根本対応に繋がるでしょう。

解決方法を自分で構築し、再現できるのは大きな強み。

健康を他人任せにせず

自分で作られるようになること。

勿論、医療職等の力も借りながら。

投稿者青森県八戸市・階上町の心理カウンセラー)

中田雅也

人間関係、職場のストレス、働き方、家族、将来や人生についてのお悩み、性格等の自分自身の悩み、人を支える立場の方の悩みに対応します。 あなたのためだけのプライベート・カウンセリングをご利用ください。

投稿者プロフィール

中田 雅也
中田 雅也結い心理相談室
あなたのミカタ(味方となり、強みを再確認し、見方を再構成し、やり方を一緒に考える)となって、ソーシャルワーク&カウンセリングを駆使して、あなたの今ここからの歩みをお手伝いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA