引き算を極める

少数精鋭。

個人的に好きな言葉です。

それは僕がミニマリスト志向だからでしょう。

質の高い、自分が好む少数の物だけで、より単純化された美しく心地よい空間を作る

出来る限り、物は持たない。

そんな考えが好きです。

しかし、ついつい無駄な物を買ってしまうことはあります。

『これは使えそうだ』と一目惚れすることも偶にはあります。

大概、後で後悔することとなります。

もっと物を大切に。

そう思わないわけでもありませんが、一番は自分自身の分別(判断)の甘さが問題です。

心を過ぎるのは、『ただ「欲しい」だけだったのか』『それがないと支障を来す何かがあったのか』の言葉。

「なぜ、これを買おうとしているの」と「なぜ」を自分に繰り返していきます。

さながら問題解決アプローチのように。

大した答えが出てこないなら、きっとそういうことでしょう。

ミニマリストであるとは、足し算を極めることだと思います。

そこには確かな判断力(知恵)と自制心が求められます。

その二つが出来ているだけで相当な品格に値すると思います。

これが僕の一つの目標。

投稿者青森県八戸市・階上町の心理カウンセラー)

中田雅也

人間関係、職場のストレス、働き方、家族、将来や人生についてのお悩み、性格等の自分自身の悩み、人を支える立場の方の悩みに対応します。 あなたのためだけのプライベート・カウンセリングをご利用ください。

投稿者プロフィール

中田 雅也
中田 雅也結い心理相談室
あなたのミカタ(味方となり、強みを再確認し、見方を再構成し、やり方を一緒に考える)となって、ソーシャルワーク&カウンセリングを駆使して、あなたの今ここからの歩みをお手伝いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA