雨の似合う花

こんにちは。

本日は昼前より激しい土砂降り。

国道の勾配の底では車が止まってしまうのではないかと思うほどの水溜りが出来ておりました。

寝苦しい暑さと湿気。

そう言えば梅雨入りしているのだったと気付きました。

昨日の晴天の空が恋しくなります。

車で住宅地を走っていたら、綺麗な紫陽花を見かけました。

紫陽花の開花時期は五月から七月と言われ、ちょうど旬のようです。

僕が見かけた紫陽花は青色の映える花を咲かせていました。

はっきりと青の単色の色合いが強かったので妙に印象に残り、雨が似合うと思いました。

紫陽花は土壌の酸性度によって色が変わるそうで、一般に「酸性ならば青、アルカリ性ならば赤」になると言われているそうです。

来年に咲くときもまた同じような濃い青になるのでしょうか。

赤と青の間で、紫だけでなく、桃色様だったり、白に近い色を作ったり、自然の造形美とは素晴らしいです。

また、肯定的な花言葉と否定的な花言葉を併せ持つそうです。どうせなら、良いものだけ紹介します。

白色:寛容

青色:忍耐強い愛

ピンク色:元気な女性

今日、僕が見かけた鮮やかな青の紫陽花は『忍耐強い愛』だったようですね。

雨の中でも映える様は『忍耐強い愛』に相応しかったかもしれません。

投稿者南部地方の心理カウンセラー)

中田雅也

日常の中の悩み事等を気軽に何でも話せる場所として、ご利用下さい。貴方の中ある良さをたくさん見出だせるように。

投稿者プロフィール

中田 雅也
中田 雅也結い心理相談室
あなたのミカタ(味方となり、強みを再確認し、見方を再構成し、やり方を一緒に考える)となって、ソーシャルワーク&カウンセリングを駆使して、あなたの今ここからの歩みをお手伝いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA