ぴったり

こんにちは。

僕がインターネットを初めて使ったのは1997年でした。

当時は固定電話回線を使うので、ネット接続中は電話を使えませんでした。

電話と同じように3分で10円かかるので1時間で200円と高かったです。

2000年代からはADSL、光回線が登場。定額制は夢のように感じました。

そして今はスマホでなんでもできる状態です。

ある研修で講師から、

「折角スマホを持っているのだから何でも調べる癖をつけましょう」

そのように教わり、確かに有効活用できて良いと思いました。

インターネットが登場した時からずっと、ドラえもんのポケットのように

何でも情報を引き出すことができます。

その場にいながら、何でも知ることができるのは

当たり前になっていますが、便利で、不思議な光景です。

ところで、僕は自己啓発の情報が好きでよく見ます。

いわゆるライフハック(仕事術)系から、ビジネスサイトまで

隙間時間でいろいろ調べます。

心理学や対人関係に関する情報も本当に増えたと思います。

落ち込んだ時は◯◯

◯◯な人の対処法は

人の性質は◯◯

昨日の記事でも錯覚を取り上げました。

僕自身としても人への興味関心は尽きません。

そして、いつも思うのです。

たくさんの情報、知識、解決法、道具を得ることができますが

それが自分に合うか、本当に必要なのか、使いこなせるかは別問題です。

例えば、自己啓発にしても「いい話だった」で終わることもしばしばです。

本当に取り入れたいのか、取り入れる必要があるのか、そのやり方は自分に合っているのか。

そう言ったことは見落としがちです。

人それぞれ、いろんな性格や価値観や歴史(経緯)、関係性をもっております。

一つとして同じものがいない程に個別性の高いのが人という存在です。

一つの情報や知識と触れたとて、それが上手く適合するか、消化吸収できるか、使いこなせるかは別問題です。

だからいつも、個別性の高い「人間存在」をしっかりと見なければなりません。

人は機械ではなく、とても繊細な存在です。

便利な時代です。

瞬時にいろんな情報を調べることができます。

その情報と貴方が結びつくかは、あなたの状況や相性や時と場合によります。

それを自分で判断できる場合もありますが、誰かの力が必要なことも多いはずです。

ある情報や知識が貴方に合わなくて消化不良を起こすこともあります。

人体も、体に合わなければ、嘔吐してでも取り除こうとします。

しかし、体に合えば、しっかりと消化吸収されます。

情報(知識・手法等)との適合という側面があるのではないかと最近よく考えます。

貴方の課題解決や生活の質の向上にその情報は適合するか。

そんなことをカウンセリングで一緒に考えてみても良いのではないかと思います。

情報が多いからこそ、振り回されないように。

貴方のニードを明らかにし、本当に必要な情報を選び、上手く適合させる。

その一連の過程にもカウンセリングはお役立てできると思います。

投稿者プロフィール

中田 雅也
中田 雅也結い心理相談室
あなたのミカタ(味方となり、強みを再確認し、見方を再構成し、やり方を一緒に考える)となって、ソーシャルワーク&カウンセリングを駆使して、あなたの今ここからの歩みをお手伝いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA