価値を創る

こんばんは。

Yahoo!ニュース(東スポWEBの記事)に『カズのポルトガル移籍に世界が仰天「メッシが生まれる前からプロ選手」英BBCも報道』との見出し記事がありました。

55歳で現役続行していることもすごいですが、さらには海外移籍をする辺りが圧巻です。

現役続行していることに肯定的な意見も否定的な意見もあるようです。

否定的な意見には、人気のある選手だけに「客寄せ」だとするものがあるようです。

そのような見方も確かにあるかもしれません。実際、それほどに人気もあります。また現役の選手ですら『キングカズ』は尊敬の的です。

それを差し置いても、大きな故障・怪我がなく現役を続けられる身体を持っていることやサッカーを続けられる身体能力(年齢による衰えはあるにしても)を維持していることは通常では考えられないことです。

もっとすごいのは、現役にこだわって、サッカーを愛し続けていることが特筆に値します。アオアシという漫画の中の台詞に『サッカーの才能は、「技術がある」「身体能力がある」とかそういうことじゃない。「どれだけサッカーを愛せるか」・・・だった』というくだりがあります。

好きでなければ続けられません。もちろん、大変なことは当然たくさんあると思われますがそれでもサッカーが好きだという思いが勝るのだと思います。サッカー選手の多くが20代で引退するのが現実で、その多くは結果を出すのが難しくなり失意のうちに終える厳しい世界だと思います。

それでもなお続けられていることに、人間業以上に感じてしまいます。

マッサージなどの体の手入れは元より、食事や訓練内容まで相当に気を配っているのではないかと思います。それらを通して磨かれた内面やサッカーの姿勢はより純度を高めて、常人にはないものを持ち得ているのだと思います。

確かに若い選手と比べれば身体能力は劣るのは否めないでしょうけれども、キングカズにしかない『価値』があって、キングカズという『価値』『称号』、『銘柄(ブランド)』を作られたのだと思います。

ワールドカップなどの大舞台には恵まれませんでしたが、唯一無二という点では本戦出場するよりも困難な偉業を今も続けております。このような価値の作り方もあるのだと、おそらくは海外の報道も驚きを持って受け止めているのではないかと思います。

自分らしさを突き詰めれば、こんな生き方もできる(存在する)ことを示してくれた稀有な例だと思います。

投稿者プロフィール

中田 雅也
中田 雅也結い心理相談室
あなたのミカタ(味方となり、強みを再確認し、見方を再構成し、やり方を一緒に考える)となって、ソーシャルワーク&カウンセリングを駆使して、あなたの今ここからの歩みをお手伝いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA