全部つながっている

こんにちは。
普段使いのミカタ・カウンセリング&支援者のミカタ・カウンセリングの中田雅也です。

こんな投稿がありました。

尚、思い思いの意見がある模様。

ちなみに、僕の場合。

『今のままでいいよ』です。

特に、やり直したい過去もない、と思うから。

後悔が、全く無い訳ではない。

けれど、『その時その時、大変なことにたくさん向き合ってきたじゃないか』と

もう十分だよと、自分を労る気持ちと、これ以上は大変な思いをしなくていいと

そう思う気持ちが強い。

敢えて言うなら、十代の時にもっと勉強しておけば良かったかな、くらい。

しかし、それも、一時的なというよりは、積み重ねた習慣、底力が欲しいという意味。

だから、きっとそれは今でも取り返せなくはない。

実は、自分で考えた返答に少し驚きがあります。

客観視すると「へ〜そうなんだ」という思いがあります。

客観視すると「ある程度、やり切った感じがあるんだね」と感じるからです。

意識したことがなかったのですが、そういうことなのでしょう。

他者がそのように言っているのを聞いたら

『十分、やり切ったと思えるのですね』と間違いなく、返していたと思います。

そして、『どうやったらそう言えるようになるのだろう』と自分に質問してみると

やはり、『その時、その時、全力で事に当たれば良いことさ』と心の中の僕が言います。

多分、全力で事に当たれば、それなりに成果も出るし、もし、成果が出なかったとしたら、それはもう仕方がないね、と割り切れるからだと思います。

敢えていうなら、三日間ずつくらい

学校が終わってから、友達と日が暮れるまで楽しく遊んでいた小学生の時と

子供が小さかった時(小学校に入る前)を

再び楽しみたいと思いました。

あと、やり直しではないけれど

素性を明かさずに、過去の折々の悩める自分を

励ましたいと思います。

それは、折々に僕は欲した事だったから。

「大丈夫だよ」

その言葉が欲しくて堪らなかった。

過去に僕が欲しかったもの

きっとそれを、今の僕がカウンセリングという形で

クライエントに関わっているのだなと

ふと、気が付きました。

ああ、そうか。

こうやって、回り回って、巡り巡って

今の自分に繋がっているのだな。

そう思うと、過去をむやみに変えたいと思わなくてもいいのかな。

そんなことを思いました。

投稿者プロフィール

中田 雅也
中田 雅也結い心理相談室
あなたのミカタ(味方となり、強みを再確認し、見方を再構成し、やり方を一緒に考える)となって、ソーシャルワーク&カウンセリングを駆使して、あなたの今ここからの歩みをお手伝いします。