ばか真面目

こんにちは。
普段使いのミカタ・カウンセリング&支援者のミカタ・カウンセリングの中田雅也です。

「クソ真面目」
「バカ真面目」

どっちも綺麗な言葉ではありませんね。

真面目で何が悪い。

そう思うのですが、真面目だけだと、どうしても上手くいかないことがあるのも事実。

特に、真面目一辺倒で上手くいかないと、その人自身が激しく疲弊してしまう。

厄介なのは、真面目以外のやり方を、知らないこと。

だから、ますます同じやり方で頑張ってしまう。そして、もっと上手くいかなくなってしまう。

そんなことって、確かにあるかもしれない。僕にも、身に覚えがある。

「バカモード」になって、ゆるーく考えると、意外と新鮮です。

図らずもバカみたいな失敗をすると落ち込むのですが、わざとバカになってみると、これが面白い。

ああ、何だか、今までより、目先の奥の景色がよく見える。

こんな経験を一度できると良いですね。

僕は「バカモード」になると、素直に「わかんない」と言えます。

無理なものは無理と言えたりします。

「わかんないから、わかるように、おしえてよ、難しくてさっぱり、わかんない。」

「その依頼、しんどくて、体によくないから、やりたくない。」

真面目にバカモードになったら、相手の目がぱちくり。

そりゃあ、驚くよね。普段言わないようなことを急に言われるのだから。

普段怒らない人が怒った時の反応くらいに驚かれたこともある。

その人にとっての「バカモード」には、いろいろな形がある。

無邪気になったり、はしゃいだり。

僕の場合は、良くも悪くも「素直」になるようだ。

それもいいんじゃない。

自分も他人も、無理しすぎたら、長続きしません。

ゆるくても続けられるくらいが、ちょうどいい。

これが本当の「バカ真面目(バカモード+真面目)」なのだ。

投稿者プロフィール

中田 雅也
中田 雅也結い心理相談室
あなたのミカタ(味方となり、強みを再確認し、見方を再構成し、やり方を一緒に考える)となって、ソーシャルワーク&カウンセリングを駆使して、あなたの今ここからの歩みをお手伝いします。