特別な関係

こんにちは。
普段使いのミカタ・カウンセリング&支援者のミカタ・カウンセリング 中田雅也です。

きみのバラが、きみにとってかけがえのないものになったのは、きみがバラのために費やした時間のためなんだ

星の王子さま

「星の王子さま」の王子は、王子の住んでいる星に一輪だけ咲く「バラ」と喧嘩して、旅をしました。

物語の終盤、王子さまは、美しく咲き誇るバラの庭にたどり着き、驚きます。

王子の星のバラは「世界にバラは自分しかいない」と言っていたからです。それなのに、たくさんのバラが存在しておりました。

自分はこの世にたった一つの花を持っているつもりだったけれど、実はそれはありふれた、ごくごく当たり前のバラの花で、大したものではなかったのだと気付きました。

しかし、「キツネ」は言いました。・・・それが、上記の言葉です。

人との関係、絆。それは「目には見えない」ものです。

王子は、「ぼくは、バラの花の面倒を見なくちゃいけないんだ。あの花は、とても弱い上に、世間知らずなんだから」と言って、星に帰ります。

普段、一緒いる(身近にいる)大切な人との関係に置き換えてみても良いかもしれません。

星の数ほど、人は存在します。

しかし、自分と深い関係のある人は、その中でも特別な存在になります。替えの利かない「あなた」になります。

そんな風になれたのは、絆を結ぶ時間の積み重ねがあったから。

きっとそれは、親子、夫婦、友人、仲間など、いろいろな所に見出だせると思います。

僕の父も、「ハナ」も亡くなりましたが、この関係もきっとそうだと思います。

「ハナ」を飼い始めた時、僕は別世帯だったので「犬を飼い始めた」としか、最初は思っておりませんでした。

いろいろ粗相をするハナを、僕は「困った奴だ」と少し冷ややかに見ていたこともありました。だから、僕にとっては、「父に飼われたペット」でしかありませんでした。

でも、父にとってはそうではありませんでした。小さく「家族なんだ」と呟いたことがありました。

口数の少ない父がこぼした言葉には、本当はそれ以上の意味があったと思います。残念なことに、当時の僕にはそれを受け止め、理解する力がありませんでした。

けれど、あれから10年以上が経っても、父とハナがいなくなっても覚えているのは、あの場面に「何か」を感じたからだと思います。

父とハナの間の目には見えない大切なものは、確かにあったのです。

「ぼくは、バラの花の面倒を見なくちゃいけないんだ。あの花は、とても弱い上に、世間知らずなんだから」と、父が言い、ハナもまた思っていたかも。

そして、僕も、子供が大きくなって、親元を離れてから、思うことがあります。

「ぼくは、バラの花の面倒を見なくちゃいけないんだ。あの花は、とても弱い上に、世間知らずなんだから」の言葉は、子供が小さい時の僕の思いだったなと。

あの時間は、仕事も忙しく、子供も手がかかって大変だったけど、とても幸せな時間だったな、と。

限られた時間の中でしか味わえない時間。二度と取り戻せない時間。

人って、いろんな所で、大切な絆を結んでいるのだろうな、と思います。

大変だとか、面倒だとか思うことはあっても、それも絆の一つの側面です。

特別な関係。

今ある特別な関係を、ほんの少しでも、できる範囲でいいから、大切にしてみようかな。


 

投稿者プロフィール

中田 雅也
中田 雅也結い心理相談室
あなたのミカタ(味方となり、強みを再確認し、見方を再構成し、やり方を一緒に考える)となって、ソーシャルワーク&カウンセリングを駆使して、あなたの今ここからの歩みをお手伝いします。