綺麗な池の方が

こんにちは。

子どもの頃、よく釣りをした堀池がありました。

魚はたくさんおりますが、濁った池です。

そこで釣った魚は病気の魚が多いと言われたものでした。

言うまでも無く、環境は大事。

環境が良くなければ、心身に支障がでるのは必然でしょう。

それでは、自分の環境はどうだろうか。

客観視は意外と難しいもの。

ずっと浸かっていると、それが当たり前になります。

個人的に消耗して、調子を崩すのが

否定的言動の多い環境。

特に、愚痴や不平不満が多い環境は本当に苦手です。

悪口を言ってるとき、 聞き役は一見寄り添って くれるように見える。

でも、たいてい本当は引いてるのよ。

会社の同僚や友人と話しているとき、つい、いない人の悪口を言ってしまうことはありませんか?

お互いに知っている共通の知り合いの悪口は、一見すると盛り上がっているように思いがち。

ただし、それは幻想かもしれません。聞き手のほうは、心の中で一歩も二歩も引いている。

「この人は、私がいないところで、私の悪口を言っているかもしれない」と。悪口はストレス発散になるかもしれませんが、根本的にいいことがありません。

Yahoo!ニュース

愚痴や不満を言うのが好きな人がいます。

カウンセリング内などの特殊な条件下でない限り、僕は苦手です。

否定的な熱量、否定的な言葉は人を確実に消耗させます。

仕事外でもしばしば聞き役になることがあります。

悪口の時は確かに、引いているかも。

そして、聞いている方はしんどい。

せめて、『本当はこうして欲しかったんだよ』と悪口(二次的感情)になる前の一次的感情に置き換えてくれるとよいのだけれども。

そんなわけで

僕にとっては否定的な言葉が飛び交う環境は『汚れた池』に等しい。

汚れた池に適応するよりも、綺麗な池にいる方が良いに決まっております。

投稿者青森県八戸市・階上町の心理カウンセラー)

中田雅也

日常の中の悩み事等を気軽に何でも話せる場所として、ご利用下さい。貴方の中ある良さをたくさん見出だせるように。

投稿者プロフィール

中田 雅也
中田 雅也結い心理相談室
あなたのミカタ(味方となり、強みを再確認し、見方を再構成し、やり方を一緒に考える)となって、ソーシャルワーク&カウンセリングを駆使して、あなたの今ここからの歩みをお手伝いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA