10回に1回の法則

こんにちは。

ダイヤモンドオンラインの記事に、確かにそうだと相槌を打ちました。

木下社長は、

世の中は、10回本気でやれば、誰でも1回成功するようにできている

 と書かれています。

それまで、うまくいくかどうかは能力に関係していると思っていた。
ところが、能力が高かろうが低かろうが、すべての人が「本気で10回やれば9回失敗、1回成功」という比率になっていることがわかった。
さらに研究すると、人の3倍成功している人は、人より成功確率が3倍高いわけではなく、実行回数が3倍というだけなのだとわかった。(P68)

 やっぱり、起業って失敗だらけなんです。

 チャレンジしたことのうち、ほとんどは失敗するんですよ。

 それでも心が折れずに行動し続けるには、

失敗の先に成功がある。
9回失敗した経験をバネに10回目の成功を取りにいく

 という考え方がとても大事。

ダイヤモンドオンライン

個人的には、物事の成功とはピラミッド型だと思っております。

数多い試行した回数があって、その中から成功が生まれる

山に例えると、高い山ほど(大きな成功ほど)、広い裾野(何層もの実行回数)が必要

だから、言っていることは同じだと思います。

ハインリッヒの法則の比率だって、ピラミッド型です。

人は失敗を恐れ、失敗をしたくないのが常です。

しかし、確率十割などありえなくて

十回に一回が成功するだけでもすごいことだと思います。

実社会では、何度も失敗するわけにはいかないから

内部で何度も何度も議論を重ね、あらゆる場面を想定して

計画を試して、より強固にして、世に出すことがほとんどだと思います。

それでも失敗はつきものです。

昔は、内部で積極的に練ることすら恐れたこともありましたが

残念ながらそれだと良い成果は出ません。

僕も個人事業をしていて

引用した言葉の内容が身に沁みます。

兎に角、試行錯誤が必要で

心が折れずに続ける動機づけ、核になる志が不可欠だとつくづく感じます。

他でもなく、その言葉に僕が励まされたのだと思います。

投稿者プロフィール

中田 雅也
中田 雅也結い心理相談室
あなたのミカタ(味方となり、強みを再確認し、見方を再構成し、やり方を一緒に考える)となって、ソーシャルワーク&カウンセリングを駆使して、あなたの今ここからの歩みをお手伝いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA