末長く

こんにちは。

私事ですが、本日に自動車販売店でタイヤ交換を行い、一緒に目前に控えた自動車車検の予約をしました。

十四年前に購入した自動車で走行距離十一万キロ台です。

年数は経っておりますが、まだまだ元気に走ってくれております。

できれば壊れてもう走れないと言うところまで乗り潰すまで走りたいと思っており、あと五年は持って欲しいなと思っております。

これまでの点検等で留意していたことは交換が必要な部品があれば故障に至る前に、できるだけ惜しまずに対処していこうと言うことです。

勝手ながら、人間の体のように無理は年齢を重ねてから出ることが多いと思っているので、車もそうなのではないかなと思っております。

今回も見積もり段階で、直したほうが良い箇所、交換したほうが良い部品などがいろいろ指摘を受けました。

正直、高いなとも思いますが、まだまだ元気で動いてくれないと困るので、部品交換等「よろしくお願いします」と申し込んできました。

これからもずっと元気で動いてくれえるなら、決して高くはない投資と思って。

自分の中で、新しいものを買えば良い、という価値観が薄れてきております。

今あるものを大事にして、末長く。

自分自身に馴染んだものとして大切に。

そんなことを感じた昼下がりです。

投稿者プロフィール

中田 雅也
中田 雅也結い心理相談室
あなたのミカタ(味方となり、強みを再確認し、見方を再構成し、やり方を一緒に考える)となって、ソーシャルワーク&カウンセリングを駆使して、あなたの今ここからの歩みをお手伝いします。