追い込みすぎない

こんにちは。

アオアシという漫画が好きです。

面白い漫画にありがちな「名言」がたくさんあって、自分の領域にも活きてきます。

キミがいろんなものを背負って来てるのは知ってる。けど、自分で自分を、追い込んじゃダメだ。「やめるわけにはいかない」とか、あんな目をして言っちゃダメだ。

あたしはサッカーのことわからないけど、つらいことたくさんあるだろうけど、キミの場合、ちょっとだけこう思ってほしい。「たかがサッカーじゃないか」

アオアシ7巻

何事も言葉に共鳴、共感するのは同じような立場を経験したからかもしれません。

例えば仕事。必死になって打ち込む理由が当人にはあっても、追い込みすぎて健康や大事な人間関係等を失って、本当にそれでよかったのかという結末を迎えないとも限りません。

むしろ、少し余裕を持って、「ま、いいっか」と思った方が良い結果が出るということもあります。

追い込まなければいけない理由が当人にはあったりします。

自分がやらなくて誰がやるのか、皆のために。それはさぞかし遣り甲斐もあるし、美談でもあり、酔いしれる側面もあります。また、実際に本当に追い込まなければいけない場面もあります。

だから見極めが難しいのですが、結果を出すために「追い込む」が本当に最善なのか、自分の特性を踏まえてその「追い込み」の仕方で自分も周囲も幸福になるのか、そんなことを考える余裕は必要です。

今取り組んでいる事柄の本当の目的はなんだったかな、これに取り組んでどうなっていたかったのかな。

少し周囲を見渡すと肩の力が抜けて良い感じになるかもしれません。

大事な何かを失う前に、取り戻しておきたい余裕があります。

投稿者プロフィール

中田 雅也
中田 雅也結い心理相談室
あなたのミカタ(味方となり、強みを再確認し、見方を再構成し、やり方を一緒に考える)となって、ソーシャルワーク&カウンセリングを駆使して、あなたの今ここからの歩みをお手伝いします。