既にあなたに力はある

こんにちは。

皆さんはいかがお過ごしでしょうか。日々、いろいろな出来事があります。仕事のこと、家庭のこと、人間関係のこと、生きていく上での課題は尽きないのが人生の常です。

対人援助において「ストレングス」という言葉があります。「その人の強さ・強み」のことです。

「できない」ことに着目するのではなくて「できる」ことに着目しようという考え方から生まれたものです。

上手くいかないなと思ったり、失敗したと思うような出来事に遭遇したり、何かしら躓いたと思うと人は「パワーレス」に陥ります。

パワーは「自分の人生で自己決定をし、自分の人生を生きる力」、もっと平たく言うと「がんばろう」「さあ、やるぞ」とも言えるでしょうか。

それができなくなるのがパワーレスです。そこにはたくさんの要因があると思います。なかなか自己分析しきれないくらいにあなたとあなたの環境はたくさんの事柄が詰まっていているはずです。

しれは心理的な要因だけでなく社会的な要因によっても引き起こされます。

そんな状態に陥ると自分の強みや持ち味を見失ったり、疑ったりしてしまいます。

そんな状態を解消するには、その人が真摯に取り組んでいる状況に肯定的なフィードバックをしたり、置かれている状況を整理して立ち向かいやすい設定を作ることが必要です。

そしてあなたは十分な努力をしてここまでやってこられただけの力がある方です。

今日も精一杯頑張ったことでしょう。そこで行った頑張りの一つ一つを思い起こしてください。

まずはあなたの存在と力とこれまでの頑張りを認めることから始めましょう。

投稿者プロフィール

中田 雅也
中田 雅也結い心理相談室
あなたのミカタ(味方となり、強みを再確認し、見方を再構成し、やり方を一緒に考える)となって、ソーシャルワーク&カウンセリングを駆使して、あなたの今ここからの歩みをお手伝いします。